ダンススタジオのレッスンに通う「メリット」と「デメリット!!」

こんにちは

マコトです。

 

今回は


ダンススタジオの

レッスンに通う
「メリット」

「デメリット」

 


についてお話しします。



あなたは今現在、

 

ダンススタジオの

レッスン通っていますか?

もしくは通おうか

迷っていますか??

 

f:id:makoto3jsb:20180501113917j:plain

 

 

今ダンススタジオが

急激に増えていますよね。

 


そんな中

 

・どこのスタジオに行くか

・どの先生に習うか

・初心者でも大丈夫なのか

 

などいろいろ悩むところがあると思います。

 


私自身は

ダンススタジオのレッスンに

通うことは

すごくいいことだと思います。

 

 

しかし

レッスンを習いにいく上で

ちゃんとメリット、デメリットは

把握しておきましょう。

 

 

f:id:makoto3jsb:20180501114111j:plain

 

 

【メリット】

1、実際に活躍している

ダンサーさんの

ダンスを生で体験できる。

やっぱりメリットは

これが1番大きいのではないでしょうか。

 

実際に活躍されているダンサーさんに

近づける絶好のチャンスですし

仲良くなればいろいろな話も

聞くことができます。

 


2、同じ目標の

ダンス仲間を見つけやすい

レッスンにきているということは

少なからずみんな

ダンスが上手くなりたい

とは思っています。

 


そんな中で自分と同じ目標を

持っている人は見つけやすいですよね。

 

仲良くなって一緒に

チームを組むことだって可能です。

 


3、上手くなれば

自分に自信が

持てるようになる

誰でもなにか自分に誇れるものが

一つでもあればそれは自信になります。

 

ダンスでもそう。

上手くなることができれば

必ずそれは自分の自信へとつながります。

f:id:makoto3jsb:20180501114721j:plain

 

 

【デメリット】

1、悪い意味で人と

比べてしまう

やはりレッスンにもよりますが

レベルの高い人はいます。

 

 

その時に劣等感を感じたり

私には無理だ、、

 

 

とならずにいかに自分自身で

自分を奮い立たせることが

できるかが肝心です。

 

 


2、金銭面が負担になる

習い事ならなんでもそうですが

ダンススタジオのレッスンの相場は

大体1時間半で2000円です。

 


それを毎週となると

やはり学生の方には

少しきつい面もあります。

 

f:id:makoto3jsb:20180501115925j:plain

 



3、1人の先生を

通いすぎると

その先生に縛られてしまう

これは別にその先生が縛っている

とかではないのですが

 

通いすぎるとなんとなく

来週も絶対行かないといけない

みたいな感覚になる人が多いんです。

 


なので

 

出来るだけ1人の先生に限らず

何人かの先生に習うのが

オススメです。

 

f:id:makoto3jsb:20180501120554j:plain

 

何事にも

メリットデメリット

つきものです。


もちろん

レッスンに行かなくても

頑張れば独学でダンス習得も可能です。

 


私の周りにも実際

独学で上まで上がってきた子は何人かいます。

 

ダンススタジオのレッスンに通うなら

しっかりメリットだけでなく

デメリットもあるということを

頭に入れて、強い気持ちで挑みましょう!!

 

 

 

100人を虜にするための極秘テクニック

こんにちは!

マコトです!


今回お話しすることは


誰もが

必ず苦戦しているあること


について

お話しさせていただきます。


この内容を


最後まで読んだ
あなただけが


モテるダンスを

踊ることができます。

 

f:id:makoto3jsb:20180418164144j:plain

 

あなたはこんな経験を

したことがありませんか?


ダンスを始めて

数ヶ月が経ち


あなたはレッスンなどで

教えてもらった

振り付けやステップを


いつものように

練習しています。


そして、少しずつ

かっこよく踊れるように

なってきた

あなたは


自分に自信

つくはずです。

 

f:id:makoto3jsb:20180410113059j:plain




前にはなかった

自信がついて


あなたは

とても嬉しいことでしょう。


しかし、


あなたには

1つ問題があります。


この問題を

今すぐに解決しないと


あなたは今後

どれだけ練習しても


あなたのダンスを

見た人から


「ダンスのセンスがない。」

「ダサすぎる、、、」

「キモい。」


と言われてしまいます。

 

 




そんなことを言われて

嬉しい人などいません。

 

f:id:makoto3jsb:20180420132204j:plain




 

しかし、そんなあなたにも

『たった1つの意識』

するだけで


あなたのダンスは

今までとは全く違うものに

必ずなります。


そして

あなたのダンスを

見た人からは


「ダンスが上手すぎる!!」

「かっこいい!」

「惚れた!!!」


なんてことを

言われるようになります。

 

f:id:makoto3jsb:20180405221600p:plain




ダンスを踊るだけで

惚れられるなんてことは


夢のようですよね?


それが簡単に

実現してしまいます。

 

f:id:makoto3jsb:20180416164618j:plain


 

しかし

もしあなたが

この「たった1つの意識」

を知らずに


このままダンスを

続けてしまうと


惚れられるどころか


あなたのダンスには

誰一人として興味を

持ってはくれません。


それだけでなく、


あなたのダンスに
未来はありません。

f:id:makoto3jsb:20180327103221g:plain



たった1つのこと

知らないだけで


あなたは


大好きなダンスも

夢も楽しい人生も


全て諦めることに

なってしまいます。


こんなにも

勿体のないことは

他にありません。


あなたの

無駄にしないために


あなたのダンススキル

少しでもアップさせるために


今から私が話す内容を

しっかりと聞いてください。


そして、この内容を
あなた自身のものに
してください。


では、その

「たった1つの意識」とは


一体なんなのでしょうか?


それは


「お客さんをじゃがいもだと
 思って踊る!!」


です。


おかしいかもしれませんが


これはダンスにおいて

最も重要なことと言っても

良いでしょう。


中学校の文化祭などを

思い出してみてください。


ダンス部の中に

一人は恥ずかしそうに

踊っている人がいたはずです。


確実にかっこよくは

見えませんよね?


この「恥」が

あなたのダンスを

ダサくしているのです。

 

f:id:makoto3jsb:20180320122919j:plain




誰でも大勢の前に

立つと緊張します。


しかし、そこで

恥ずかしがっていては

いけません。


有名な言い方ですが


「お客さんを

じゃがいもだと思って

踊るのです!」


これは本当に

大切なことです!!


そして、

この意識を

しっかりとした上で

踊ると


あなたは

本当にかっこいいダンスを

踊ることができます!


ここで何より大切なのが

私のブログを読んだだけで

終わらせずに、


やって見ることです!


今すぐに行動をすることを

オススメします!


まずは


「自分が踊っている姿を

想像しましょう!」


イメージトレーニングは

「恥ずかしい、、」という

気持ちをなくすための


ステップ1のようなものです。


とても大切なことですので
「今すぐに!!!!」
やってみてください。

音の細かい部分まで聞こえるようになる最強の耳の鍛え方

こんにちは

マコトです。





今回は


音の細かい部分まで
聞こえるようになる
最強の耳の鍛え方

 

についてお話しします!!







あなたは踊っているとき、

どれだけしっかり

が聞こえますか??

 

f:id:makoto3jsb:20180424171643j:plain





ダンサーにとって、音は命。
音があってこその踊りですよね。






ダンスが上手い人

というのは

音の聞き方が

尋常じゃありません。





普通の一般人には

とうてい聞こえない音まで

トップレベルのダンサーたちは

聞き取ります。

f:id:makoto3jsb:20180429104603j:plain

 





そしてその聞き取った音を
体で表現することによって

 


全く聞こえていない

一般のひとたちにも

見えるように

音が聞こえて大歓声になる。





そりゃ

バトルでも勝ちまくるわけです。

f:id:makoto3jsb:20180429104711j:plain







しかし

その音の聞き取り能力は

持って生まれたもの

ではありません。





ある程度の訓練をすれば

誰でもその究極の耳を

必ず手にすることができます。





そして実は、

その究極の耳

手にすることができれば、




あなたにダンスのスキルが

あまりなくても

バトルで

勝てるようになります。

 


ダンスがそこまで

上手くない人でも、

一目置かれる存在に

なっちゃうわけです。

f:id:makoto3jsb:20180422105129j:plain





それだけ

ダンサーにとって

音がどこまで聞こえているかというのは

とても重要なことなのです。





でももし、

この究極の耳を手にれるための

訓練法を知らなくて

 

知ったとしても

ちゃんと実践しなければ、





あなたはいつまで経っても

普通の人と

なんら変わらないでしょう。





周りに埋もれて

ただダンスをしているだけで

終わってしまうでしょう。

 

 

周りのリズムに乗れず

一人だけズレている

 

そんなことだって

あるかもしれません。

f:id:makoto3jsb:20180422004423j:plain





この究極の耳さえ手に入れば

 

 

ダンスがそんなに上手くなくても

上に行けるんです。




追い越したいあの人も

簡単に追い越せるんです。

f:id:makoto3jsb:20180422003433j:plain





それなら少しくらい

努力しませんか??





では

一体その方法とはなんなのか?

 

 

とうとう教えちゃいます。




その究極の耳を手に入れるための

訓練法は、ずばり、、、、!!!!

 

 

 

 

楽器別で音を聞く

 

ということです!!!!




どういうことかわかりますか??


例えば、誰もが知っている
ブルーノマーズの曲だと、
主に

ドラム

 

ベース

 

ギター

 

キーボード

 

 

 

の5つに分けられます。



これを

一つずつ意識

変えて聞いていく


だけでいいのです。



そうなんです。

やることは簡単なんです。

 

 

これを続けることが

できるかがポイントとなってきます。




初めはドラムか声が

一番聞きやすいかと思います。



そして

慣れてくると徐々に

ギターやベースなどにも意識を

向けられるようになります。





そしてさらに

 

楽器別で完璧に

聞き取れるようになれば

この楽器別で

踊っちゃってください!!!

f:id:makoto3jsb:20180422105300p:plain






ドラムの音にだけはめておどる。

ベースの音にだけ合わせておどる。





こんな感じで

 

訓練をしていると、

あなたは

必ずそこらのダンサーよりも

 

 

確実に上に

上がることができます。






あなた自身も見えるように

音が聞こえるようになるので

もうおどることが楽しくて楽しくて

仕方なくなるかと思います。






それほど音の力というのは

すごいものなのです。





ではさっそく

今からイヤホンをして、

じっくり音を聞きましょう。

f:id:makoto3jsb:20180429105127j:plain




この曲には

なんの楽器が使われているのか、、、

 

その楽器は

どこでどんな感じで音になっているのか、、、





この訓練は

本当に続けることが大事です。

あなたならできます。

 

必ず究極の耳を手にすることができます。



そして

バトルでも結果を残しまくって

 


憧れのあのダンサーさんにも

存在を知ってもらいましょう!!!

 

 

 

〇〇するだけで重心移動が楽々できるようになる?!

こんにちは

マコトです。

 

 

今回は

 

重心移動について

 

お話したいと思います。

 

 

 

重心移動は

マスターすればするほど

 

 

どんな動きでも

楽々できるようになる

ダンスでは必要なものです。

 

 

 

身についていないと

同じ振りでも

全く別の振りになったり

 

 

急激にかっこ悪くなったり

 

 

 

かなり難しいものに感じます。

 

 

f:id:makoto3jsb:20180422004423j:plain

 

私は

この〇〇を知るまでは

 

 

振りは頭に入っているけど

上手くいかない

ということが

 

 

しょっちゅうありました。

 

 

 

 

しかし

その〇〇を知ってからは

 

 

 

振りも前より疑問に思うところが

極端に減り

 

 

 

その上

さらに難しい技なども

できるようになりました。

 

 

 

あなたも

この〇〇を知るだけで

 

 

 

自分の一番かっこいいと思える

体勢が楽々できるようになり

 

f:id:makoto3jsb:20180327102801j:plain

 

 

みんなから

 

 

「それどうなってるの?」

「かっこいい」

 

 

など

とても気持ちいい気分

味わうことができます。

 

 

 

今まで

「この技は無理だろう」

と諦めてた技も

 

 

すんなりできてしまうくらい

 

 

あなたのレベルは格段に

向上します。

 

 

f:id:makoto3jsb:20180422003433j:plain

 

しかし

これを行わなかった場合

 

 

 

いつまでもかっこいい姿勢を

知ることなく

 

 

振り覚えの際も疑問しか持たず

 

 

基礎的な技しか挑戦できず

 

 

 

誰も湧かすことを

できないままです。

 

f:id:makoto3jsb:20180405151052j:plain

 

 

そんなことを起こさない

驚きの〇〇とは

 

一体なんなのか?

 

 

 

それは

 

頭の位置に気をつける

 

です。

 

 

 

頭は身体の約10%の重さと

言われています。

 

 

 

 

60kgの人だと

頭は6kgになる訳です。

 

 

 

 

イメージとして

ボーリングの球ぐらいの

重さなので

かなり重いです。

 

f:id:makoto3jsb:20180424111558j:plain

 

頭が左にあると

左足に重心が移動し

 

 

頭が右あると

右足に重心が移動します。

 

 

 

こういったことを知って

振り覚えの際はどこを

見るといいの?

 

 

と思うかもしれません。

 

 

その時は同様

 

 

頭の位置をよく見てください。

 

 

すぐ分かると思います。

 

 

 

重心移動を極めてくると、
マイケルジャクソンのような、
ムーンウォークといった、

 

f:id:makoto3jsb:20180424112232j:plain

 

みんながビックリするような、
アニメーションの動きを
楽にこなせるようになります。

 

 


どうやって
練習するのかというと、

 

立って、
自分の重心で、前からゆっくりと、
円を描いてください。

 

足裏の感覚として、
時計回りに描いた場合、

 

足指、右側、かかと、左側と、
ただ立つよりすこし力が
かると思います。


今すぐ

頭を前や後ろに
すこし倒してみてください。

自分の中で、
重心を感じれることが
出来れば、

それはあなたが重心移動を
マスター出来る道がある
ということです。

 

 

f:id:makoto3jsb:20180405161423j:plain

 



 

 

 

〇〇で簡単に柔らかくなれる?

こんにちは

マコトです。

 

 

今回は

 

柔軟について

 

お話したいと思います。

 

 

柔軟はダンスをする上で

とても大切です。

 

f:id:makoto3jsb:20180320122631j:plain

 

 

体が柔らかくないと

動きが固くなってしまったり

 

 

 

怪我をする

非常に高くなってしまいます。

 

 

ちなみに私も

相当硬いです。

 

 

 

初めは

開脚も90°しか開かず

前屈も少ししか

伸びませんでした。

 

f:id:makoto3jsb:20180423175749j:plain

 

学校でやる体力テストで

毎回5点もいかないレベル

硬さでした。

 

 

 

そんな私が

ダンスを初めて

 

 

周りの身体の柔らかさに

愕然としました。

 

 

ほとんどの人が150°ほどまで

開いており

 

 

「私硬いんだよね」

という人でさえ

130°ほどまで

開くレベルでした。

 

 

私は心の中で

「全然柔らかいやん」

「私はどうなるの?」

 

 

不安でいっぱいになりました。

 

f:id:makoto3jsb:20180405151052j:plain

 

同級生の初心者でも

みんな身体が

柔らかい人ばかりで

 

 

 

私だけが

尋常じゃないほど体が硬い

状態になりました。

 

 

私は

 

「体操選手みたいに

 股割りをした方がいいのかな…」

 

 

と本当に悩みました。

 

f:id:makoto3jsb:20180424004809j:plain

 

 

しかし

そんな硬い私を見た

先生が

 

「〇〇をすれば

 どんどん柔らかくなるよ」

 

 

とアドバイスしてくれました。

 

 

 

私は

先生のアドバイス

早速やってみました。

 

 

 

 

始めた最初の頃は

 

 

「こんなんで本当に

 柔らかくなるのかな?」

 

と半信半疑でした。

 

 

しかし

1週間ほどやっただけなのに

気がついたら

 

 

開脚の限界の位置でも

全然痛く感じなくなっていました。

 

 

気づかないうちに

限界の位置が広がっていました。

 

 

私は自分が柔らかくなったことが

嬉しくなり

 

 

 

そこから1ヶ月ほど続けてみたところ

 

 

 

90°までしか開かなかった私が

130°ほどまで

 

開くようになりました。

 

 

そのおかげで

 

 

ダンスの動きがスムーズになり

しかも疲れなくなりました。

 

f:id:makoto3jsb:20180418110146p:plain



 

 

また周りからは

 

 

「いつの間にそんなに

 柔らかくなったの?」

 

 

 

と言われるようになります。

 

 

あなたも

この〇〇を試したのなら

 

 

私のように身体ガチガチでも

 

どんどん柔らかくなる

 

ことができます。

 

 

 

柔らかくなったことで

形も綺麗になっていき

 

 

そして

何回練習しても

以前より疲れなくなる

 

 

といった

 

 

あなたの中でい循環

発生します。

 

 

しかし

〇〇をやらず

逃げるあなたは

 

 

 

身体は硬いままどころか

今の状態よりも

 

 

どんどん硬くなっていきます。

 

 

 

そのせいで

 

 

身体の動きもぎこちなく

身体も吊ったりしやすく

怪我もしやすい状態で

 

 

すぐにバテてしまう

 

 

 

負の循環

あなたの中で

発生してしまいます。

 

 

 

そんなことを起こさないための

〇〇とは

一体なんなのか?

 

 

それは

 

 

足を壁に向けて開脚

 

 

です。

 

 

 

「は?どういうこと?」

 

とあなたは

思ったはずです。

 

 

普通の開脚だと

f:id:makoto3jsb:20180423190008j:plain

 

以前の私のような

硬い人にはビクともせず

反発してすぐ戻ってしまいます。

 

 

 

 

 

私のいう開脚は

この図のような開脚です。

 

f:id:makoto3jsb:20180423190444j:plain

 

この方法だと

 

足の下に下にと重力が

かかるため

あまり足に力を入れない

状態だと

 

 

自然に開脚していきます。

 

 

 

 

またこの状態だと

勝手に開脚していくため

 

 

 

 

スマホをいじりながら

本を読みながら

ゲームをしながら

 

f:id:makoto3jsb:20180424005340j:plain

 

 

 

といった

何かをしながらストレッチ

ができます。

 

 

こうすることで

足に余分な力が

入らないようになるため

 

 

 

どんどん自分の限界値を

広げることができます。

 

 

 

まずは試してみてください。

 

 

Step1

背中が床、足が壁に

ぴったりとくっつくように

腰を壁にくっつけます。

 

 

Step2

膝が曲がらないように

少しずつ開脚していきます。

 

 

Step3

自分の限界の位置で

少し痛いなと思うところで

キープします。

 

 

 

このストレッチを

行う時間帯は

お風呂上がりが

一番ベストです。

 

 

これができたあなたは

今までの硬いあなたと

おさらばです。

 

 

 

 

 

 

 

 

振りを覚えるときのコツ

こんにちは

マコトです。

 

今回は

「振りを覚えるときのコツ」

について話していこう

と思います!

 

 

 

あなたは振りを覚えるとき

どのように覚えていますか?

 

 

振りを覚えるのは得意ですか?

 

f:id:makoto3jsb:20180327113358j:image

 

私は振りを覚えるのが

とても苦手です。

 

 

これは本当に得意不得意で

わかれますよね。

 

 

私のように振りを覚えるのが

苦手な人はたくさんいます。

 

 

 

ですが正直、覚えるときの

コツさえ知っていれば

 


今の何倍も覚えるのが

速くなります。

 

 

 

 

振りを覚えれない人は

全部いっぺんに覚えようとする

傾向があるようです。

 

 

それで、パニックになったり

焦ったりして余計に

覚えれなくなるのです。

 

f:id:makoto3jsb:20180327113456j:image

 

でもこのブログを読んだ

あなたはそんな心配は

ありません。

 

 

私が今から言う

覚え方に従って、
ゆっくり落ち着いて

覚えることができれば

 


あなたは今までより何倍も
早く振り付けが体に入るでしょう。



だけど、逆にあなたが

このまま何も知らなかったり
知ったとしても

しっかり実践しなければ

 



いくら振り付けを覚えようとしても、
覚えられないでしょう。

 

 

なので今から私が言うことを

焦らずに、しっかり落ち着いて

実践して下さい。

 

f:id:makoto3jsb:20180418164144j:plain



 

では、その方法とは…

 

振りをバラバラにする

ことです。

 

 

 

足、体の向き、上半身

の3つが組み合わさって

1つの振りとなっています。

 

 

f:id:makoto3jsb:20180327113820j:image

 

この1つのまとまりを

足→体の向き→上半身

1つ1つに分けて

覚えるのです。

 

 

そうなんです、足から覚えると
本当に何倍も早くなります。

 

 

まずはこの手順で

振りを覚えてみてください。

 

 

Step1

何も考えずに

足だけを完璧にする

 

 

Step2

足のリズムを

保ったまま

左右に動く

 

 

あなたの好きな音楽を

聴きながら

リズムにのってみましょう。

f:id:makoto3jsb:20180405222349j:plain

 

このブログを見た

で終わらせず

 

試して見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰にでも必要なたった1つの極秘練習法

こんにちは

マコトです。

 

 

 

今回お話することは

 

ダンスで一番

と言っていいほど大切なこと

 

です。

 

 

 

このことさえ

頭に入れておけば

 

 

誰でも

上達することは

 

 

間違いなしです。

 

f:id:makoto3jsb:20180422104947p:plain

 

 

あなたはこんな経験を

したことがありませんか?

 

 

ダンスがやりたいと思い

練習をし

 

 

ダンスを初めてやったときに

できなかったステップなども

 

 

今では少しずつ

できるようになってきて

 

 

あなた自身

少しでも自信がついてきた

はずです。

 

f:id:makoto3jsb:20180406015630j:plain

 

あなたの周りにいる

人からも

 

 

「ダンス上手いね」

「センスあるんだね」

 

 

などと言われるようになります。

 

 

 

練習したことが

できるようになり

 

 

周りからも褒められる。

 

 

とても嬉しいですよね。

 

f:id:makoto3jsb:20180422105129j:plain

 

しかし

 

 

あなたには

1つ問題があります。

 

 

その問題を解決しないと

 

 

 

あなたは

いつまでたっても

初心者のままです。

 

 

何年ダンスを続けても

あなたのダンスが

上手くなることは

 

 

 

絶対にありません。

 

 

 

それは嫌ですよね。

f:id:makoto3jsb:20180422104338j:plain

 

 

あなたに問題

たった1つあるだけで

 

 

あなたがダンスを踊ると

周りからは

 

 

「あなたのダンスは

 何かダサい」

「ダンスのセンスがない」

 

と悲しいことを

言われてしまいます。

 

 

 

しかしそんなあなたにも

たった1つの「あること」

を知っておくだけで

 

 

 

あなたのダンスは

今までとは全く違うもの

なります。

 

 

そしてあなたのダンスでの

成長速度というのは

 

 

かなり早くなります。

 

f:id:makoto3jsb:20180422003433j:plain

 

 

それどころか

あなたはダンスを踊るだけで

 

 

見ている人に

 

 

「カッコよすぎる」

「ダンス上手すぎ」

「惚れた」

 

 

と言わせることができます。

 

 

 

大好きなダンスを

踊って

 

 

モテモテにまでなることが

できるなんて

 

 

こんなにも嬉しい話は

他にないですよね。

 

 

しかしもしあなたが

この「あること」

知らず

 

 

このままダンスを

続けてしまうと

 

 

あなたは一生ダンスでは

成功しないでしょう。

 

f:id:makoto3jsb:20180422104640j:plain

 

 

それだけなら

まだましです。

 

 

あなたは

どれだけ有名な先生に

教えてもらっても

 

 

 

あなたの

ダンスに未来はありません。

 

 

たった1つのこと

知らないだけで

 

 

大好きなダンスを

やめてしまうことに

なるでしょう。

 

 

こんなに勿体無いことは

他にありません。

 

 

あなたの夢を

無駄にしないために

 

 

あなたのダンススキルを

少しでもアップさせるために

 

 

今からお話することを

しっかり頭に入れてください。

 

 

そしてこの内容を

あなた自身のものに

してください。

 

 

 

ではその

「あること」とは

 

一体なんなのでしょうか?

 

 

それは

 

 

「同じ動きをし続けること」

 

 

です。

 

 

 

 

とても当たり前のことを

言っていますが

 

 

誰もが

知っていることですが

 

 

1つのこと

続けるということは

 

 

とてつもなく

難しいことです。

 

 

しかし

ダンスにおいて

 

1つのステップや

動きを繰り返し

やり続けることは

 

とても重要です。

 

f:id:makoto3jsb:20180405154142j:plain

 

これをするかしないかで

あなたのダンススキルは

変わってきます。

 

 

このブログを見た

だけで終わらせず

 

やってみましょう。

 

 

 

まずは

 

 

「好きなステップを

 見つけてください」

 

 

なんでの構いません。

 

 

そしてそのステップを

繰り返しやり続けるのです。

 

 

そうすれば

あなたはそのステップが

誰よりも上手くなることは

 

 

間違いなしです。

 

f:id:makoto3jsb:20180422105300p:plain